ED治療薬って安全なの?

ED・勃起不全を治す薬は身体に害はないのか

女は何歳まで子供を産めるのか

女性の体内にある卵子は、年齢を重ねるごとに劣化していってしまい、本来の質を著しく欠いてしまいます。
その結果、男性との行為を行ったあとでも子供が妊娠できなくなってしまいます。
卵子の質が低下してしまうと、染色体に異常が出てきてしまい、流産する危険性や生まれてくる子供に障害が出てしまう恐れがあります。
卵子の数は決まっており、新しく生まれ変わるものではないため、そういった現象が起きてしまうのです。
女は何歳まで子供を産めるのかというと、35歳がボーダーラインです。
35歳を過ぎると、卵子の質が徐々に低下していってしまい、50歳前後で閉経してしまいます。
また、35歳というのは、高齢出産に分類され、20代で出産するのに比べ、リスクが高まっています。
ただ、35歳を過ぎている人でも正常に出産できており、あまり神経質になることはありません。
37歳から38歳にかけて、卵巣機能と女性ホルモンの分泌機能が一気に低下します。
そうなると、妊娠できる確率は徐々に下がっていってしまい、42歳で妊娠する確率は1割にも満ちません。
以上のことから、女は何歳まで子供を産めるのかというのは、35歳がボーダーラインであり、42歳前後が限界であると言えます。