ED治療薬って安全なの?

ED・勃起不全を治す薬は身体に害はないのか

幼少期にED治療薬を服用するのはダメ?

寝そべってお絵描きをしている男の子ED治療薬は原則として成人が服用するべきものであり、幼少期の子供が服用するのはいけません。
ED治療薬は小さな子供が服用することを前提とはしていません。
バイアグラを例にしても、日本と海外では用量に違いが見られるのです。
100mgのタイプは日本には存在しませんが、これは日本人は50mgで十分な効果を発揮できるからです。
風邪薬などの医薬品の用法・用量を見ても、年齢により用量が異なっているでしょう。
身体が小さい子供ほど薬効が強くなるので、用量を減らして調整しているのです。
バイアグラなどのED治療薬は大人向けであり、幼少期の子供が服用すると思わぬ健康被害が生じることになります。
効果がある薬には、必ず副作用もあるわけです。

未成年で性交渉をするのは、今や珍しいことではありません。
しかし、未成年で勃起力が十分でないと感じる場合は、もともと勃起力が強くない、または不規則な生活が原因と想定できます。
副作用のあるED治療薬に頼らず、生活を正すことで勃起力を高めていきましょう。
精力剤に関しては、子供でも飲用できるタイプがあります。
にんにく卵黄など、日常の食材を使用したサプリに関しては、子供でも飲むことができます。
念のためにパッケージを読んでおき、子供が飲んでも大丈夫か確かめておきましょう。
特に記載がない場合は、目安量の半分くらいから始めてみるといいです。
サプリや健康食品と記載されている精力剤に関しては、副作用が出ることはありません。
ただし、飲みすぎは栄養バランスを崩すことになるので、目安量を超えて摂取してはいけません。
高校生になれば大人並みの体型になるので、目安量を飲んでも特に問題はありませんが、最初は少量から始めて体調に合わせて増減していくのが好ましいです。